Pocket

どうもどうも、YOHICです。
実は最近、未経験からWebデザイナーになりたい!って言って入社してきた人が辞めまして…
40手前で未経験という、かなり厳しい条件だったのですが、なんとか一人前になって欲しかったなあ…

そんな事があり、そういえば自分の時はどうだったっけ…と未経験でこの業界に入った時を思い返してみたので書き出してみたらクソ長文になってしまった…
ざっくり以下の内容に分けて書いていますので気になる内容があれば読んでみてください!

未経験からWebデザイナーになろうと思ったきっかけ
専門学校の良いところ、悪いところ
就職活動のやり方
就職してから

未経験からWebデザイナーになろうと思ってる方達の参考になれば嬉しいです!
(全ての人に当てはまる話ではないので、質問・疑問などありましたらご連絡いただければ出来る限りお答えしますよ!)
スポンサーリンク



未経験からWebデザイナーになろうと思ったきっかけ


当時、音楽でご飯を食べていこうと思っていたのですが25歳の時にバンドが解散。
あーこれは人生を見直す転機なのかなーと色々考えていたところ、バイト先でWebデザイナーさんと仲良くなりWeb業界というものを知りました。
ほんと、捨てる神あれば拾う神ありですね。
つくづく、自分は周りの人達に恵まれてると思います。

色々話を聞いたりしてるうちに、どうやら自分は独学よりも専門学校へ行った方が良さそうだなと思いまして、ギターやアンプなど機材を全部売っぱらって(ちょっとローンを組んで)専門学校へ入ったのでした。

どうでしょう。学歴も職歴も無い25歳。
しかもデザインの専門教育も受けてなければ、趣味にもしてなかった野良犬みたいな私でもWebデザイナーになれたんです。
って書くと胡散臭い広告みたいですがw
いやでも、運が良かったというのもありますが、やろうと思えば何歳から始めても問題ないと私は思っています。

専門学校へ入学。専門学校の良いところ、悪いところ


なぜ独学ではなく専門学校を選んだのか。
単純に1人だと続かないと思ったからですw

まずは専門学校の良いところ

モチベーションが上がる!

私の通っていた専門学校は、1クラス30人程度。
もちろん、力量に差がありますが、みんな未経験でこれからWebデザイナーになろうとしてる人達に囲まれるのでモチベーションは高くなります。
友達同士で教えてもらったり、一緒に悩んだりできるのはかなりのメリットです。
1人でやっても限界がありますからね。

課題が与えられるので自然とポートフォリオが溜まっていく!

これ超大切です。
未経験といえども、就職活動する際にポートフォリオは必ず求められます
(ポートフォリオを求めない会社は絶対に止めたほうがいいです。単純作業を永遠とやるだけ要員として採用される可能性が高いので。)
学校の場合、課題なので先生が制作物をみてチェックを入れてくれるので、一定のレベルのモノにはなります。
独学でやっていると、このあたりのクオリティ・コントロールが難しいですよね。
身近にWebデザインやってる友達とかいれば良いとは思いますが…

現場の人の話が聞ける!

時々、講習会?みたいなイベントがあって、第一線で働いている方のお話を伺う事ができます。(学校によって違うのかな?)
やはり、実際に働いてる方の話は面白いし勉強になりましたね。
良いことも・辛いことも話してくれる方が多かったので参考になりました。
あと、上手いこといけばそこから繋がりができるので就活の時に有利になったりします。

専門学校の悪いところろ

多少ボカシますが、リアルな話を。

卒業できたのは約半分以下

私がいたクラスは30人ほどのクラスメートが居ましたが、卒業の時には12、3人まで減っていました。
やはり、働きながら通っていたり、ダブルスクールの方がほとんどなので難しかったのかなあ…
就職率◯◯%とかキャッチコピーに騙されちゃだめです。
卒業まで残った人の就職率なので…

教わる内容は独学でも可能

専門学校で教わる事のほとんどはツールの使い方です。
これはやる気と根気さえあれば独学でも十分学べる内容でした。

バイトしながら学校に通うのが超大変

専門学校の悪いところではないのですが…
週に3日授業があり、宿題も豊富。
もちろんわからない事だらけなので家で勉強しないとついていけません。
そんな状況で昼間バイトして〜となると相当辛いですw
毎日眠かった記憶が…(遠い目)

就職のサポートはしてくれるけど…

専門学校には就活のサポートはありましたが、あまり良くなかったですね。
普通にリクルートとかWeb系に強い就活サイトを利用した方が希望に近い会社へアポがとれると思います。

いかがだったでしょうか。
私は専門学校へ行って良かったと思っていますが、デメリットもあることは覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク



就職活動のやり方

私の就活の仕方その1:ポートフォリオは紙で持っていく

学校で作った制作物と個人で作った制作物をA3で印刷しファイルにまとめてポートフォリオとして持っていきました。
もちろんポートフォリオサイトもあるのですが、あえて面接の時はA3で印刷したデッカイファイルをもっていきましたね。
印刷したモノを持っていって説明すると、ちゃんと見てくれるし、質問をしてくれる確率も高かったように思います。
指を指しながら「ここはこういう理由で〜」とかモニターで見るより説明しやすいですし、面接の流れを作るためにもオススメですよ!
あと、最近は少ないと思うのですが、面接をしてくれる部屋にモニターが無かった事もありました。
Webだけのポートフォリオだったらアウトでしたね…小さいノートPCで説明するのはかなり大変だと思います。

私の就活の仕方その2:徹底的に相手の会社を調べて改善案を持っていく

コーポレートサイトはもちろん、制作会社なら実績のところに乗っているデザインを。
自社サービスをやっている会社なら、展開しているサービスサイトを細かく見ておきます。
そして、必ず「自分だったらこうする」というポイントをいくつか用意しておきます。
ポートフォリオと一緒に、改善案を持っていくのもいいですね。
未経験なのですから、クオリティは気にせず(ちゃんと考えていれば)どんどん提案しましょう。

面接だからといって、作ったものを見てくださいーだけの人が多いですが、相手は一緒に働く人を探しているわけです。
同僚や部下になった時に、この人はどういう動き方をしてくれるのかな?と必ず見ています。
面接官の気持ちになって面接に挑むのが成功する確率を上げる方法なんじゃないかなーと私は考えています。
スポンサーリンク



就職してから

めでたく就職したものの、どうやって働いていけば良いか不安だと思います。
何も考えなくてもなんとかなるものですがw

私も新人の頃は色々と壁にぶち当たりました…
みなさんが少しでも壁にぶつからないために、ざーっと書き出してみましたよ!

絶対に受け身になっちゃダメ

どうしても未経験なので、最初は先輩の指示通りに制作をすることになると思います。
ですが、ずーっと指示待ちしていたら絶対にダメです。それ以上伸びません。
自分のスキルを伸ばしたいなら、常に周りに「何か出来そうな事ないですか?」と聞きましょう。

検索する技術を磨く

どれだけ人が良い先輩でも一から十までは教えてくれません。
教えてくれない…というより、自分で調べて解決するスキルを得て欲しいんですね。
なので、まずは自力でわからないところを解決するスキル「検索スキル」を磨きましょう。
とにかくわからない事はすぐ検索してみる。
それでも解決しない場合は、先輩に「こういうキーワードで検索したんですが、思った回答がでてこない」と、答えではなくて検索の仕方について質問してみましょう。
きっと、検索のコツを教えてくれるはずです。

自分が出来ることは率先してやってみる

新しく入った会社で、円滑な人間関係を築く方法の一つです。
会社の規模にもよりますが、例えば小さい会社なら電話応対や掃除、来客対応などなど。
大きい会社の場合は会議の議事録とか飲み会の幹事とかですかね。

いや、俺デザイナーで入ったのに…と思うかもしれませんが、実はこれ理にかなってると思うんです。
新人が入って先ずやったほうがいいのが「どの人がどんな業務をしているのか」を把握することと、自分はこういう人間ですよとブランディングする事です。
デザイン業務に集中するのはもちろんですが、社内での自分のポジションや力関係を見極めるのも必要なスキルの一つだと思いますよ!

同じことは3回聞かない

良く言われる事ですが、同じことを3回聞くのは避けたいですね。
2回目くらいまでは「ああ、メモし忘れちゃったのかな」と思えますが、3回目は流石にちょっと
とにかくメモしましょう。
ここまではメモしたんですが…と言うだけで大分相手に与える印象は変わりますよ!

ブログを書く

もっと細かく言うと、ブログで収益を出すにはどうしたら良いか考えながら運用しましょう。
集客施策はどのWebサービスに関わっていても必要なスキルです。
自身でブログを運営することで、どうやったら沢山の人に見てもらえるか考える習慣が出来るので、オススメです。

仕事がキツイと思ったら

せっかく希望の会社に入ったのに、想像以上に仕事がキツイ…こんなはずじゃ…と思うことがあるかもしれません。
未経験なんですから、仕事がキツイのは当たり前なんですよね。
新しい事を覚えながら制作するのって本当に大変だと思います。
だけど、この時の「キツイ」というのは数ヶ月だけだと思ってください。そんなに長くは続きません。
自分にスキルが付いてきたら面白いぐらいに楽になっていきます。

本当にキツイのは会社の政治に巻き込まれてデザイン以外の(ry

薄給でも2年間は勉強だと思って働く

心を壊すようなブラック企業は論外ですよ!すぐ辞めましょう。
ただ、自分のスキルがついてくると、「なんでこんなに給料安いんだろ…」と思う時が必ず来ます。間違いなく来ますw
1年目でそう感じるかもしれませんし、半年かもしれません。

ただ、その状態で2年は頑張って欲しいです。
とにかくその2年間でポートフォリオを充実させて欲しいのです。
転職というのは回数に限りがあると思うんです。
実際に面接をしていて、転職回数が多いと「おや…これは…」と気になって突っ込んで聞いたりしちゃいますね。

あなたが次に転職する時は「未経験」ではなく「経験者」として見られます。
つまり、即戦力として採用されるためポートフォリオを見る側もかなりシビアになってきます。

なので、繰り返しになりますが、最初の2年間はお給料の不満は我慢してポートフォリオをいかに充実させるかに注力してください。
転職に成功すれば一気に給料は上がります。

ちなみに私の最初に勤めた会社の年収は280万でした。
次に転職した時は年収が400万に上がったので、この考え方は間違ってないはずです…!

長文失礼しました…
いかがだったでしょうか。あくまで私の場合…なのでご自身に当てはまらない内容かもしれません。
ただ、悩んだり、迷ったりした時にこのブログがちょっとでも手助けになれば嬉しいです!
ではでは!

スポンサーリンク



Pocket

There are currently no comments.