Pocket

どうもこんにちは。yohicです。
小さな制作会社に勤めていると、案件が終わるたびに社長の身の回りのものがアップグレードされていくのを目の当たりにしてる方達も多いのではないでしょうか。
私は社長の車が2台になった時に「あ、昇給は無いな・・」と察し、転職を決意しました。

転職を考えてるWebデザイナーの皆さんの中には、「そろそろ制作会社じゃなくて、自社サービスやってるところに行こうかな・・・」と悩んでる方も多いのではないかなと。
今回は、そんなインハウスのWebデザイナーに転職しようとしてる人たちへ、どんなメリット・デメリットがあるのか書いていきたいと思います。

スポンサーリンク



インハウスデザイナーとは

AdobeStock_106605490 (1)
企業の中で自社サービスのデザインなどを請け負うデザイナーの事です。
我々Webデザイナーの場合だと、自社サービスのサイトやアプリ、管理画面などのデザイン・改善提案・運用をやることが多いと思います。

インハウスで働くメリット

AdobeStock_60946241

サイトを作って終わりではなく、成長させる事ができる

制作会社では、とにかく案件をこなす事が求められます。
自分が作ったサイトが、リリース後ちゃんと成果をだせているのかなどを知るのは不可能かと思います。
インハウスの場合はサイトをリリースしてからが本番です。常に改善をしながらサイトをブラッシュアップすることを求められます。

サービスの上流から関わる事ができる

デザイナーはエンドユーザーの気持ちを代弁する最後の砦だと思っています。
インハウスの場合も、会社都合な案件が降りてくることが多々あります。これはお客様にとってどうなんだろう。。と思ったら企画者(もしくはディレクター)に相談し、議論することが可能です。もちろんすべてが上手くいくわけではありませんが、繰り返し提案することによって「じゃあこんど企画会議から参加してよ」というふうになりました。自分次第ではありますが、制作会社だとかなり難しいサービスの上流に関わるということがインハウスの場合は可能だと思います。

案件の規模が大きい

もちろん制作会社でも案件規模の大きい案件はあります。
ですが、インハウスの場合は年単位で進める案件がゴロゴロしています。制作会社の案件よりもより多くのユーザーにインパクトを与える仕事ができるのは間違いないと思います。

労働条件が制作会社より良い

これは片寄った意見かもしれませんが、私が最初に勤めた制作会社は健康保険やらの福利厚生が一切ありませんでした。個人事業主が集まって仕事してるような会社でしたね。その後中堅クラスの制作会社に入った時も、やはり労働条件はあってないようなものでした。
もちろんインハウスでも労働条件が酷いとこはあると思いますが、私の経験上(インハウスで働いた4社)中小企業以上の会社はまともな会社しかなかったですね。
確率の話になってしまいますが、制作会社よりはインハウスの方が仕事以外の事に悩むことは少ないと思います。

安定感がある

「労働条件が制作会社よりも良い」と似たような感じですが、もっと生活に関わる部分です。これも確率の話になりますが、体力のある会社は制作会社よりもインハウスの方が多いと思います。

インハウスで働くデメリット

AdobeStock_74216926

会議が多く制作時間がとれない

制作会社からインハウスへ転向して、まずビックリしたのが会議の多さでした。
制作会社の時は1日のほとんどを制作時間で使えたのですが、インハウスになると1日かならず1、2回は会議が入ってましたね。

デザイン以外の仕事が多い

デザイン以外の仕事を求められる事が多々あります。ただ、サイトを育てる事をやりたいとなるとデザインだけやっていれば良いわけではないのでしょうがない部分かもしれません。あまり色々受けすぎてキツくなる前に外部業社様に頼ったりして実作業を減らす事が必要です。

案件の進むスピードが速いor遅い

両極端で恐縮です。
同じ会社の中で働いているので、「明日までになんとか・・・」という依頼がちょいちょいあります。逆に、「こんな事やりたいので会議に参加してくださいー」と言われてリソースも確保していたのに、なかなか案件が進まないという事も多かったです。スケジュールは柔軟に対応できるように組み立てる事が求められますね。

自分から動ける人じゃ無いとオペレーターになる

オペレーターだから悪いというわけではありません。
が、同じような事を繰り返しやるためにインハウスのデザイナーになったわけではないと思います。インハウスの場合は黙ってれば同じ作業の繰り返しになりやすいです。なぜかというと運用保守の作業が必ずあるからです。
働き方として、運用保守を選ばれるのならば良いのですが、こんなはずじゃなかったと思った方は是非、自分から動いて色々提案してみることをおすすめします。

デザインに対する理解が得られない場合がある

これは会議の多さの次にぶつかった壁でした。
制作会社の時は、わかってる前提で話していた事が通じないんです。いくつかパターンを挙げると、
営業が強い会社=デザインなんてどうでもいいから早くリリースしてよ!
エンジニアが強い会社=デザインの工数みてなかったわーーー3日くらいでできるんでしょ?
ディレクターが強い会社=こっちの出した企画書通りに作ってくれればいいから!

などなど。それぞれの会社の特徴にあわせた対応が求められますね。まわりを説得する時間が結構かかるのが大変でした。

人間関係で悩む事が増えた

これも制作会社の時はなかったですね。
デザイナー以外の部署の方と関わる事が多くなるので、やはり話の進め方や説明の仕方などを相手によって変えたりするわけです。これが慣れるまで大変でした。

育てる環境が無い

制作会社は若い子を育てる環境があります。独り立ちできればそれだけリソースが増え、案件をたくさん回せるようになるからです。(育てない制作会社ってあるのかな?)インハウスの場合は、即戦力を募集している場合がほとんどです。今の人員だと人が足りないから増やしてくれという流れで募集をかけるので育てる余裕がないんですね。

結論

AdobeStock_93896322
デメリットの方がメリットより多くなってしまいましたが・・・
ある程度制作会社で働いていた方なら、インハウスでデザインするのは面白いと思います。今までの知識や経験を武器に、職場で新しいポジションを作ることも可能です。

おすすめできないのは、新卒でインハウスデザイナーになってしまうケース。
十数人見てきましたがほとんどの子たちは、次デザイナーとして転職するのは厳しいだろうな。。と思うスキルで止まっていましたね。
本人次第なのですが、制作会社の方が嫌でもスキルは上がると思います。

いかがだったでしょうか。
自分の経験だけなのでかたよってるかもですが、悩んでる皆様の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク



Pocket

There are currently no comments.